studio maco

おぐりまさこblog。俳優業とデザイン、
仕事と趣味と日常のいろいろ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 12 December 2017

空宙空地 4都市ツアー閉幕。まずはお礼を、つらつらと。

またも久々の記事になっちゃいましたが。

 

 

空宙空地 4都市ツアー短編集
「ふたり、目玉焼き、その他の日常」

津公演に始まり
大阪公演
東京公演
そして最終地の名古屋公演。

 

無事、全て閉幕いたしました。

 

(写真/二人芝居『ふたり、目玉焼き、その他の些細な日常』Aバージョン)

 

お礼を言いたい方々があまりに多すぎる公演です。

まずはやはり、
津あけぼの座の油田晃さん。

まさにツアー決行の背中を押してくださり、そしてお忙しい中、常に気にかけては繊細にフォローいただいてました。


準備段階から閉幕までずっとです。

 

それにこんなに早く、
空宙空地として都市を回るとは…!
油田さんの後押しがなければ実現はありませんでした。

 

(写真/二人芝居『ずるずるひやむぎ』)

 

 

そして、現場サイドの平岡さん…!
もう本当に、頭が上がりません。

どれだけのご無理をさせてしまったことか。
それなのに、いつも笑顔で細やかに隅々まで気にかけていただき、そう、まさに身を粉にして。
この方がいなかったら、とてもじゃないけど現場は回りませんでした。

 

そんなご無理を引き受けてくださった、山中さん始め、現場サイドさん。

4都市ツアーの立役者は、実はこの方々なのです。

津公演では多くのお客様に声をかけていただき、客席に賑わいと笑顔をくださったのも、津あけぼの座さんと現場サイドさんです。

 

信頼されている人の声
というものの大きさを感じる、津公演でした。

 

(写真/二人芝居『ふたり、目玉焼き、その他の些細な日常』Bバージョン)

 

そして大阪公演では。

一人芝居フェスでお世話になってる相内プロデューサーやライトアイ笠原さんの細やかで懐の大きなご対応!

そして、SNSなどでずっとずっと、熱い後押しをし続けてくださってた、大阪クリエイターの皆さん!すごくたくさんの、仲間!!!!

2013年から一人芝居フェス「INDEPENDENT」に関わり、そこから広がった繋がり。

このフェスで手に入れた一番の宝物は、この仲間との出会いと絆です。
と、一方的に思ってますが、絆で…あっておくれ(笑)

という意味では、あたしを最初にINDEPENDENTに連れて行ってくれた岸☆正龍さんも恩人です。

 

(写真/一人芝居『如水』)

 

東京公演では、たくさんのお客様に観ていただく機会をくださり、終始支えていただいた、こまばアゴラ劇場の皆さま…!!!

本当に、貴重な機会をいただきました。
そしてたくさんのお客様に楽しんでいただけたようで…!
厚い熱いご支援、本当に感謝いたします。

こんなに早く、「空宙空地」としてアゴラの舞台に作品乗せられるとは。

 

そして名古屋公演。
またもいろんなわがままを聞いていただき、
渡航前にご無理をお願いしてしまっても
笑い飛ばしてくださった七ツ寺共同スタジオの吉戸さん。今回も本当にありがとうございました!

 

そうそう!
七ツ寺共同スタジオ、ものすごく居心地の良さが増しております。

どんどん便利で快適に…!
キッチンもすっごい綺麗で使いやすくなってます。
もくちゃんありがとう!

吉戸さんや西杢比野さんによりどんどん進化してる七ツ寺共同スタジオです。

 

(写真/二人芝居『サプライズ』)

 

そして、アフタートークに来ていただいた

カヨコの大発明の二朗松田さん、
渡辺源四郎商店の工藤千夏さん、
百景社の志賀亮史さん、
iakuの横山拓也さん、
劇団あおきりみかんの松井真人さん、
てんぷくプロの小熊ヒデジさん。

なんて豪華な顔ぶれ!

 

(写真/一人芝居『ストーキングブルース』)

 

さらには、大阪1ステージだけ、てお願いしておきながら、結局名古屋にも来てもらってしまった、大阪クリエイターチーム版「サプライズ」を上演してくださった
彗星マジックの勝山修平さん、
bagdadcaféの一瀬尚代さん、
立花裕介さん!

本当に貴重なお話をいただいたり、素敵な上演していただいて、
お客様もとても楽しんでいただき、感無量です。

 

(写真/大阪クリエイターチームと、本編出演者)

 

ああ…!まだまだ書ききれません。

 

素敵な照明をめちゃくちゃ短い準備時間で仕込み、作品を創り上げてくれた照明チームの今津くん、長坂さん。

バタバタで当日の制作が間に合わないあたしを支え、ツアーを支えてくださった、やよいさんや涌井さんPONさんはじめ会場スタッフの皆さん。

 

で、やはり、
今回のツアーで、出演しながらも演出として
最後まで妥協せずに作品を練り続け、作家として改稿も重ねていた関戸さん。

本当にお疲れさまでした。
そして好い作品をありがとうございました。

 

(写真/『LAST TRACK』)

 

そして何よりも。
たくさんの、ご贔屓いただいているお客様…!
いつもいつも、あたたかく深い愛をありがとうございます!

 

さらに、初めて観ました、また来ました、来てよかったです、とかけてくださるお言葉や、笑顔で劇場を後にされるお客さまの姿は、空宙空地にとって〜そして代表・プロデューサー・俳優としてのあたしにとって、やはりとてもとてもかけがえのない宝物です。

今回は、各地で、普段は舞台に関わりを持たない友人たちにもたくさん来ていただけて、さらに楽しんでもらえたみたいで、本当にほっとしております。

 

私たちが創ってるものは、観ていただいて初めて「作品」となります。

これからも、より多くの方に観ていただけるよう、一歩一歩、足場を固めながら前へ進んでいかねば、と強く思ったツアーでした。

多くの愛情や心をいただいた旅でした。

そういう意味でも、あたしにとって、とても実りの多い経験でした。

このご恩を返していかねば。
あたしも誰かを支えられる人間にならねば。

 

(写真/二人芝居『サプライズ』大阪クリエイターバージョン舞台セット)

 

つらつらとしたご挨拶になってしまいましたが
皆さま、本当にありがとうございます。

空宙空地は、今日からまた次の作品に向けて準備を始めます!

 

次はばかなる企画!
二週間後!

えっ!?
に、二週間後!!??

が、ががががんばります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category:stage | comment:0 | tb:0 | top▲

スポンサーサイト

category:- | comment:0 | tb:0 | top▲

Comment










Trackback

url:
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode
qrcode