studio maco

おぐりまさこblog。俳優業とデザイン、
仕事と趣味と日常のいろいろ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 10 October 2017

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:- | comment:0 | tb:0 | top▲

あたしと一人芝居。全国で如水。<その4にして最終回。>

さて今日はお約束どおり(かな)ブログ更新したいと思います。

 

ばかなる企画、つまりはINDEPENDENT:3SS全国ツアーでの

『如水』上演を終えて次の上演の前にこの記事、完結させないと。

 

でも、あたしにとっての一人芝居とは。

まだはっきりとした答えは出てません。

 

ただ、一人芝居とはいえ、『如水』も『ライト』もその中には

たくさんの人たちとの「関わり」があって

とてもささやかで身近な「生活」があって

かけがえのない「人生」があって

その中で、もがいてもがいて、無様でも懸命に生きていくことが

この作品たちを演じるのに欠かせないことでした。

 

写真▷2014年「INDEPENDENT:TSU14」

 

もちろん、その登場人物たちと同じ経験をしたこともあれば、

したことのない経験もあります。

 

『ライト』の中では、

追い詰められて発作に苦しむ夫を置き去りにして仕事に出かけたり、

『如水』では、実年齢よりだいぶ人生を重ねた女性が

「忘れてしまうこと」との恐怖と向き合ったり、

はるか昔(笑)のはつらつとした世代を演じたり。

 

写真▷2016年「INDEPENDENT:3SS」(撮影:相内唯史)

 

でもそれをお客さまに届ける時に

エンターテイメントでもあり、かつ、というか…どちらかというと

ドキュメンタリーとも感じられるように届けたかった。

 

お客さまが追体験したり、家族や自分のことに置き換えてみたり、

その登場人物の人生に関わっているかのような気持ちになってほしかったのです。

 

写真▷2016年「INDEPENDENT:3SS」(撮影:相内唯史)

 

そして『如水』でいただいた

「でもお母さんは幸せだったと思うよ」という涙声。

お見送りのときにいただいた

たくさんの涙と、「ありがとうございます」という言葉。

 

ほっとしました。嬉しかった。

 

そして

 

もう少し、芝居を続けたい

 

と思いました。

 

十数年前、「30過ぎてから始めたって遅い」

「向いてない、今すぐやめろ」と言われても

しがみついてきたあたしですが

 

図々しく続けてきてよかった

 

と思えました。

 

 

そして。

『ライト』『如水』の作演出家で、空宙空地のメンバー関戸哲也が

一人芝居の稽古場でいつも言っていた言葉。

 

「魂を、外さず、ずっと震わせ続けて」。

 

 

『ライト』や如水が、ドキュメンタリーに近づけたのは

この言葉が常に核にあったからだと思います。

 

世界の片隅で何でもない人生を懸命に生きる人の人生の一片が

お客さまの中にリアルに届くドラマにできたかな、と。

 

そしてそれは、あたしがやりたいことでもありました。

 

関戸さんは、あたしが芝居を始めた頃、

「やめろ」「向いてない」と言われ続けてた時代を目の当たりにしてる人です。


あの頃とても真似できない場所にいた先輩だった関戸さん。

 

よくぞ、あたしと組んでくれたなと。

 

本当に遠くまで連れてきてくれてありがとうございます。

 

でも!

 

 

さあ!

 

ここからです。

 

あたしも、空宙空地も。まだまだここから。

 

目指してるもっと遠い場所へ向かいます。

 

たくさんの宝物をくれた一人芝居、そしてINDEPENDENT。

もちろんこれからも関わっていくつもりですが、

それだけじゃなくて、もっともっと。

 

まずは目の前のばかなる企画、本公演、M-PAD。

あれ、目の前にたくさん、わんわんしてる(笑)

 

おぐりは、空宙空地は、これからも、精一杯、行けるとこまで走り続けます!

 

写真▷2016年「INDEPENDENT:3SS」(撮影:相内唯史)

 

どうか皆さま、これからも「応援」というお力添え、よろしくお願いします!!

 

あ、それと!

いつもINDEPENDENT挑戦者たちを我が子のように思いやり、

可愛がっていただいてる相内ママさん!(かわいい♪)

 

本番後にハグしてもらうたび、ホッとしてました。

いつもいつも、応援ありがとうございます!

 

いつも写真撮り損なっちゃってるけど、

INDEPENDENTのオカン、あたしの憧れの制作者、笠原さん

はじめ、支えていただいたフロントスタッフの皆さま

一緒に作品を創っていただく技術スタッフの皆さま!

 

ありがとうございました。そして

これからもよろしくお願いいたします!

 

 

 

はあー!やっと締めれた!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category:stage | comment:0 | tb:0 | top▲

スポンサーサイト

category:- | comment:0 | tb:0 | top▲

Comment










Trackback

url:
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode
qrcode