studio maco

おぐりまさこblog。俳優業とデザイン、
仕事と趣味と日常のいろいろ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 08 August 2017

あたしと一人芝居。全国で如水。<その3。>

さて、明日か明後日に続きを、と書いてから何日経ったことでしょう。

 

またまた随分遅れてごめんなさい(汗)

 

まさか「まだか」と請求があるとは。

ありがたいことです。

 

前回、各地で観ていただいた

日頃から応援いただいてる方々のことを書きましたが

 

そんな方々以外にも、たくさんの方に支えられて

『如水』は全国を周りました。

 

とにもかくにも、まずはプロデューサーの相内さんです。

赤と青の光に包まれ、華麗にDJもこなす相内プロデューサーは

シビアですが、愛に溢れた方。

 

その愛は、出演チーム、スタッフ、ご来場いただいた皆さま

関わった人たちみんなに注がれますが

INDEPENDENTがこれだけ続いているのは、

徹底して、お客様への愛が大きいからだと思います。

 

 

ご来場いただいた方が幸せな気持ちで劇場を後にできなければ

それは結果的に、すべての関係者も幸せじゃない、と。

 

だからこそ、2年連続関戸×おぐりチームが本戦出演することを

ギリギリまで悩んでおられました。

 

「馴れ合い」は継続の大敵です。

 

でも「如水上演」は「馴れ合い」にならないと

判断いただきチャンスを与えてくださった上、

「道は険しいです」「お客様を納得させるものに」と煽り、

そして全国ツアーに選んでいただけるものにできたのも、

相内さんの、愛があったからこそと思ってます。

 

そして。

INDEPENDENTで出会った、戦友たち。

 

 

全国ツアーだけじゃなくて、本戦、地方版。

 

 

そしてそれを支えてくださるスタッフさんたち。

 

 

ああ!写真が圧倒的に足りない!いつも写真撮るの忘れる・・・(汗)

 

 

とにかくとてもたくさんの人たちに出会い。

 

 

そしてここが大きいのですが。

 

それがお互いに心底「尊敬し合える」仲間。

 

 

会えなくても、いつも応援し合える仲間。

 

 

「負けたくない!」と奮起させてくれる仲間。

 

 

が、

 

全国に

 

できました。

 

『如水』があたしに運んできてくれたものは、

本当に、書ききれないほどたくさんあります。

 

札幌、仙台、津、名古屋、大阪、福岡、沖縄。

 

全国各地に、心底からお互いのこれからを期待し、気にかける戦友ができるなんて。

このコミュニケーション能力に欠けるあたしが。

ちょっと前まで、想像もしてませんでした。

 

そして、『如水』という物語は

この戯曲は

 

あたしに

俳優として、

いえ、舞台人として

さらに人間として

 

大きな転換点となる、大きな影響をくれた作品です。

 

せっかくなので、意識がしっかりしてる時に書こうと思います。

 

・・・・・明日!必ず!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category:stage | comment:0 | tb:0 | top▲

スポンサーサイト

category:- | comment:0 | tb:0 | top▲

Comment










Trackback

url:
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode
qrcode