studio maco

おぐりまさこblog。俳優業とデザイン、
仕事と趣味と日常のいろいろ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 12 December 2017

2017年。久々のブログで新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

 

一人芝居『如水』で6都市を巡り、そこでブログが止まってました(汗)

今年こそ、ここもコンスタントに!!

 

昨年10月には空宙空地×ばかなる企画

「夜とばかなるとちょっとしたサプライズと」

 

 

 

11月には空宙空地第5回本公演

「轟音、つぶやくよう うたう、うたう彼女は」

 

 

 

閉幕翌々日にM-PAD2016「文七元結」

 

 

その後続いて「空宙空地展@名古屋市演劇練習館アクテノン」

 

 

 

12月は「空宙番外地-3」で

『マワル ハシル ネガウ』『月のカケラ』

 

 


と、駆け抜けた一年でした。

 

うれしいこと、悔しいこと、
楽しいこと、苦しいこと、
が、
ものすごくたくさんあった2016年。

 

 

総じてとても刺激的で幸せで、

たいせつな一年になりました。

 

客演さん、スタッフさん、
劇場さん、プロデューサーさん、
お客さま、友だち、家族、
職場の仲間、社長、
そして空宙空地の相方、関戸さん。

 

 

いろんな人に支えられた2016年。


本当に皆さんありがとうございました。

 

 

2017年も、もっともっと刺激的で幸せで、

たいせつな一年にしたい!


そしてあたしも他の誰かを支えられるような、
元気や楽しさを届けられるような人になりたい!

 

だからもう少し、まだまだもうちょっと、走り続けます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

また、夏がくる。

5月ですね。

演劇漬けの毎日です。

空宙空地のtwitter、Facebook、ブログを更新するのもひいひいで、ここがいつも疎かになっておりますが、元気に活動しております。

昨日引いたおみくじは、


大吉でしたよ。いえい。

おかげさまで、毎月どこかで創作活動させていただいております。

細かい情報は、空宙空地の公式ブログで紹介させていただきました。


明後日から、津あけぼの座で「ミるとエンじるワークショップ2」です。

人見知りが激しいので、ドキドキしております。
でも、新しい出会いはいつも、力をくれます。

先日、8日間で創作から上演まで走り抜けた「名古屋発 0泊8日空宙番外地-2ゆき短編クリエイションツアー」もそうでした。





短くてもとても濃い時間。

こういう機会をいただけてるのが、本当に幸せです。



みなさまのお力添えや応援に応えられるよう、一歩一歩、着実に足を進めないと!

幸せを噛み締めつつ、それがあることが当たり前だと勘違いしないように。

今年、いかに過ごすかが勝負!と思っております。

ああ、とりとめもない記事になってしまった(苦笑)

けど、今日はこのへんで。





 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

新しい、いちねん。

新年
 あけまして
  おめでとう
   ございます!


昨年中はたくさんの方に支えていただいて
そしてたくさんの出会いに恵まれて
舞台三昧の、駆け抜けるような一年でした。

空宙空地として4公演11作品
関戸×おぐりのタッグで6公演3作品
客演で2公演1作品

詳しくは
空宙空地の公式BLOGで触れてますので
お時間あったらそちらも覗いてみてください。



12公演。作品数は10作品。
皆さまからあたたかい言葉をいただくことができて
ほっとしつつも
まだまだ足りないとこを
思い返して
今年はさらに好い時間をお届けできるよう
いろいろな形で作品に関わっていきたいと思ってます!

どうか変わらず、応援お願いいたします!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。




 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

6月。愛をこめて花束を。じゃなくて感謝を。

やっとこさ落ち着いてきました。

空宙空地短編集
Aゲキシリーズvol.21
「空宙番外地-1」閉幕して3日、まだ公式サイトの更新とかは終わってないけど
制作的な作業が一通り終わってやっと、「空宙番外地-1」が終演となりそうです。


これいい写真ねー。ピースのバランスと、みんなの表情がとてもすき。

それにしてもほっとしたー。

ちょっと本音を吐いちゃいます。

6月の過密なスケジュールの中でのクウォリティの維持・向上だったり
他地域での初単独公演だったり、Aゲキシリーズだってことへのプレッシャーだったり、
クリエイション作品の言い出しっぺだったり、
俳優の怪我が続いたり経費がギリギリだったり
如水がとても大切な新作なのにギリギリまで追いつけなかったり
札幌の『ライト』がリハまでうまくいかなかったり
なかなかに、精神的にしんどい一ヶ月でした、6月。


そんな中、津あけぼの座の油田さんや(有)現場サイドの山中さんはじめ
たくさんの方々に親身に準備・アドバイスいただき、「空宙番外地-1」は
なんとか立ち上がり、無事閉幕を迎えました。

舞台写真もいただけたので、ここでも少しご紹介しながら。

空宙空地のblogでは、違うものを紹介してます。
ちなみにFacebookでも。

公式WEBサイトでも、追ってご紹介します。

油田さん、山中さん、三重文化会館事業課長の松浦さん、
現場サイドの平岡さん小林さん
第七劇場の鳴海さん小菅さん伊吹さん、
ここで書ききれない関係者のみなさま。

そして、本当に必死に食らいついてきてくれた
クリエイションメンバーの
小関ちゃん、ゆうくん、しゃきちゃん、るなちゃん。



応援いただいた、ご来場いただいたお客様。

心からの感謝と愛を。

そして今回、誰よりもキツかっただろう、関戸さん。



クリエイション含む多数の作・演出、新作『レフト』への出演と
さぞパンパンだったろうと思います。
信頼ゆえに、かなり無理をお願いしてしまいました。

しんどかったろうなあー。

あたし一人ではとてもたどり着けない場所に
いつもいつも、導いてくれてありがとうございます。
今この時に一緒に創作できてる奇跡にも感謝。



お礼もそこそこですが、うちらはこれから、もっと先を目指しますよ!
って、あたしが勝手に言ってるだけかもしれないけど(苦笑)

でも、たくさんの方々に楽しんでもらえる、質の高いヒューマンコメディ
創り続けたい。

みなさま。

どうかお見守りください。








 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

いまの思い。「空宙番外地-1」閉幕。

空宙空地「空宙番外地-1」無事閉幕しました。

ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

いまはまだ、頭も身体も心も平常に戻ってないので、まずはご挨拶と、感じたことだけを。

津あけぼの座に集う方々のあたたかさが本当に沁みました。
お客様も、関係者の方も、スタッフの方々も。

もうそれだけで泣きそうになります。

空宙空地初めましての方にもたくさん観ていただけてよかった。
そして京都や大阪、名古屋や三河からなど、
遠方からもたくさん来ていただきました。うれしかった。


正直、心が折れそうになることもいろいろありました。
それはもう、準備のころから閉幕まで。

でも、二つのことに支えられてなんとか立ってました。
一つははやり、人のあたたかさでした。

遠方から稽古を観に来て頂いたり、現地でお忙しい中、身を削って動いていただいた
津あけぼの座油田さんや、(有)現場サイドの山中さん、平岡さん、小林さん。
ご自身たちもクリエイターなのに、細かいことまで
とても親切に動いていただいた第七劇場のみなさま、
遠方からアフタートークに来ていただいたiaku横山さん、
手伝いに来てくれたやよいさん、
いつも背中を押してくださる三重県文化会館の松浦さん、
懸命に作品に向き合ってくれたクリエイションチームのみんな、
そして津あけぼの座に
集うお客様のあたたかさと嬉しいお言葉。



もう一つの支えは、どうしても観てもらいたかった作品たち。
『ライト』と『雨の日はジョンレノンと』は、『如水』と同じく
あたしにとって、とても特別な作品です。
そして、この作品たちは
できればこれからももっとたくさんの人たちに観てもらいたいと
心から願う、あたしの代表作たちです。大切な作品です。

それに加えて、絶対おもしろくなるはず!と確信してた二作、
『レフト』と『定期』。

この4本を、なんとか届けたい。

その思いが大きな柱でした。

その二つの支えで立ってた気がします。

おかげさまで、たくさんの方に観ていただけました。

「ライト」4回目という方まで!すごいな。すごい。
「雨の日はジョンレノンと」も
意外な方に過去、観ていただいてたんだなあとか
ここまで来た時間をしみじみ感じていました。

いつもいつも、応援ありがとうございます。泣きそうになります。

今回初めましてだった方々にも、たくさん温かい言葉をいただきました。
これも泣きそうになります。

その温かさに、作品でなにかお返しできていることを祈りつつ


空宙空地は

先へ進みます。
 

ありがとうございました。

もっともっと先へ行かなくちゃ。

category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

観劇感想のつもりがたどり着かず

寒い。もう夜になると、寒いという言葉を吐いてしまいます。

この夏は、あっという間に過ぎていった気がします

今はオレンヂスタの本番を二週間後に控え、
デザインのお仕事やらせてもらったり
空宙空地の次回公演の準備したり
その他もろもろ、何かと身辺がばたついてます。

うれしい悲鳴です

好きなことやりたいことでも
真剣に向き合ってるとしんどくなることがあります
でも
「やらなくちゃ」だけじゃないからしんどくても向き合いたい

本気でぶつかり合って研ぎ合っていける仲間もいて
恵まれてるなあと思うけど
それも命とおなじで
永遠に続くものではないとわかってるからこそ
できる限り自分を磨いて、行きたい場所に近づきたい

と、思いつつこつこつ作業してましたが
も〜うさすがに脳がしんどい

ということであちこちのSNSを更新して気分転換です(笑)

こういう時、いい加減な性格のあたしは得してるなーと思うのです

いつも楽観的で周りに支えられてばかりのあたしだけど
いつか、大切なものを
まかせとけ、って支えられる人になりたい

支離滅裂になってきた(笑)

オイスターズ「どこをみている」の感想書こうと思ってたけど
脳が動いてない(笑

今日は寝るかなー














 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

ピーク

ご報告遅れましたが
てかTwitterとかではたくさん書きましたが
INDEPENDENT:14トライアル二次予選通過しました!

めちゃうれしいー!
ありがとうございました!

その時の話は追って空宙空地サイト内のBLOGで書く予定です



で、私記ですが。

たしか去年
「今年が人生のピークかもしれない」とやたら言ってた気がする

そして最近
「いまが人生のピークかもしれない」と、また思ってる

つまりここ数年、いろんな人に手を取られ背中を押され
あそこまでたどり着いて、今ここに立っていられる

ありがたいなあ

でもここが頂上なはずもなく
大きな壁や上り坂は次から次へやってくる
石も転がってくる

やっぱり欲が出るし
そして怖さもたくさんあるし
もっともっと
と思ってしまう

いつまでこうしていられるかなんて
わかるわけないから

自分の足で進まないとな

いくしかないのだ
そうするしかない

てか、そうしたい

まずは
INDEPENDENT:14トライアル3次予選

そして
オレンヂスタ『白黒つかない』
名古屋・大阪公演!

そして、今いただいてるデザインの仕事や審査員のお仕事
などなど

一つ一つ、最善をつくしていこう。










 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

118,261時間目

たま〜にしか更新しない日が続いております
年明けにはたしか、「毎日更新するぜ」くらいのこと言ってたきがするけど・・・

何をやっても本当に続かないあたしです



なぜか舞台活動だけは続いてる 今のところ

キツさでいったら精神的にも体力的にも他よりキツいこと多いはずなのに

気づいたらもう13年と半年です

もういやだ!と何度も思ったことあるけど
その度に誰かに支えられて
自分の中にも欲がふくれあがってきて

気づいたらもう162ヶ月です

ここのところ、この13年を振り返ることが多いけど
思い起こしてみるたびに、忘れてたことや普段思い出さないことが蘇ってきて
ピースが増えるたびに思うのです

今のあたしを形成してるのは
そういう小さくて些細なたくさんのピースなんだと

59,130日分の
キツいことや苛立ちや焦燥や寂しさ不安憤り後悔
驚きや発見や感動喜びバカさわぎ
何でもない風景何でもない時間
そしてそこに一緒にいてくれたたくさんの人たち

どれが欠けてもあたしは今ここにいないかもしれない
ツラくなかったらあたしは今違うとこにいるかも

今のこの感覚も次にあたしが行く場所に
たどり着くために必要なピースなのだとしたら
何があったとしても受け入れていくべき
立ち向かっていくべきなのかもしれない

そしてやっぱり向き合うためには
自分の芯に素直に正直に生きたい

なあんて思うのですね

でもあたしは意固地でひねくれものなので
なかなか真っ直ぐになれないわけです

たかだか118,260時間の中で今あたしが考えてる
たかだか0.2時間くらいの焦燥なんて
本当に些細なピースなのかもしれないけど

すげえ存在感で今もあたしを形成し続けてるのですね

だからあたしはそのピースを受け入れて
とにかく今できることに集中する!のです
排除しようとするから進まないのだ

あたしは進むよ!!!

まだ剣下げないよ!

というわけで
来週本番です!

最強の一人芝居
INDEPENDENT:TSU
@津あけぼの座
2014年6月21・22日


『ウィザードリーマンBZ』
『ライト』
二作に関わっております!

招聘作品はじめ、魅力的なラインアップになると思います

ぜひご来場くださいませ!!





 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

ごあいさつと宣誓。

遅くなりましたが
新年あけましておめでとうございます

昨年は
あたしにとって大きなターニングポイントでした
よこしまブロッコリーを脱退してなんとも不安な新年でしたが

5月
刈馬演劇設計社PLAN-02『クラッシュ・ワルツ』に出演させていただき
好評を得て、年内再演が早々に決まり

6月
大阪発祥・最大級の一人芝居フェスティバルINDEPENDENT:NGYで
岸★正龍さん出演・二朗松田さん脚本の
『ウィザードリーマン・ビギンズ』で演出を経験、これまた好評をいただき

10月
個人ユニット「空宙空地」として、大先輩の関戸哲也さん(Sの字)と
共同企画『空中のエス』で短編集上演
プロデューサーをしながら2作品に出演、これまたまた温かい言葉をいただいて
2013年の観劇ベスト10に入れていただいてる方もいたりして

11月
『ウィザードリーマン・ビギンズ』が一人芝居の聖地・大阪へ
まさかの本家INDEPENDENT:13に招聘されて大阪でも好評をいただきました

12月
再演が決まっていた『クラッシュ・ワルツ』に出演
上演期間中に、その戯曲が劇作家協会新人戯曲賞を受賞
その場に居あわせ、その優れた戯曲に出演させていただいてたという幸せ

気がつけば5公演

そして考えてみればそれは

作・演出の刈馬カオスさん
『クラッシュ・ワルツ』の魅力的な共演者のみなさん
大阪で人気を博す作家・二朗松田さん
オーラ満載の俳優・岸★正龍さん
大先輩の俳優・作・演出家の関戸哲也さん
『空中のエス』のパワー溢れる共演者や支えてくれたスタッフのみなさん

この方々に連れていってもらった場所でした
みなさんにくっついて必死に走って見れた景色でした

いつか、あたしがみんなを連れてこういう場所に行ける
そんな人になりたいものですが

一足飛びにそんな訳にはいきません

だから今年は、みなさんが築いてくれた道や
連れて行ってくれた場所で
まずはしっかり根を張れるよう
いつかは自力でもたどり着けるよう
今年一年、足場を固めたいと思ってます

今年もいくつかの挑戦が決まり始めてます

背伸びせず、でもしっかり手足と背中を伸ばして
真っ直ぐ向き合えるよう
がっがっ、と足を踏みしめてます

いや、正確に言えば
正直、怖くて下を向きそうになりますが
そういう時は一度大きく息を吸って
前を向こうと思います

だからみなさま、どうか
温かい目で見守ってやってください
怖じ気づいてたら叱咤激励を
そしてどうか、変わらずお力添えよろしくお願いいたします

近々、ご報告できることも出てくる予定です

さあー!進むぞぇー!



















 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲

伊勢へ

行ってきたことをすっかり書きのがしてました。

先日、式年遷宮でお住まいを新しくされた神様の元へご挨拶にいってきました

どうやら真夏日だったようで
10月半ばなのに、めっちゃ暑くて、汗をかきかき敷地へ入ると
ちょうど舞楽が演じられはじめたところで、しばらく見入ってました

「納曽利(なそり)」という演目で、二匹の龍が舞い跳ねる様子を演じた物で
かつて、多くは競争の勝者を祝して奏したものだそうです
なんと縁起の好い♪



晴れた空に向かって大きく身体を広げ、
頭の先から手の先足の先までエネルギーを溜めて躍動する身体は
演じるときに大切な核は、古来から変わってないなということを感じさせてくれました
きっとどんなスタイルな舞台でも、そして音楽でも絵画でも
それは変わらないものなのでしょうね
「小手先」では魅せられないものです

さて神様にご挨拶をすませて、おはらい町の「わらじや」さんで伊勢うどん♪



名古屋で生まれ、味噌煮込みうどんの固さになれて
普段は讃岐うどん派のあたしですが
伊勢うどんの感触って、味って、なんだかくせになりますね^^

おなじ「うどん」と名のつく食べ物なのに
どうしてこうも地域によって違うのか、いつも不思議に思います

この地域だけかとおもいきや
はるか南の博多でも、うどんは柔らかいのが主流とか
その間の地域には、あの讃岐があります

不思議だなあ

高校の時に選択科目の中で習った「言語地理学」が頭をよぎります

独特の文化は都で発生し、時間をかけて全国へ広がり
他地域に到達するころにはまた都で新しい文化が生まれ
波紋のようにその痕跡が残された結果、九州沖縄と北海道で、
同じような古い方言がみられることがあるとか

すごく興味深い話で、やけに憶えてます

うどんもそうなのかなあ。





 
====================
 
『空中のエス』は、予約受付中!
26日(土)14:00はご予約満席となりました
 























 
category:a day | comment:0 | tb:0 | top▲
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
qrcode
qrcode